自分で染める白髪染めなんて怖くない!染める6つのコツ

髪質で変わる色の入り方

白髪染めに含まれる染料は、その人の髪質によって色の入り方が違うことをまず知りましょう。市販の商品を同じく使っても人によっては真っ黒になったり、場合によってはブラウンになるなど色が変わってきます。まずは自分の髪質をよく見極め、どのカラーを選んだら良いのか知ってみてください。
髪が染まりやすいのは細く、柔らかい、パーマがかかりやすい、元々明るいカラーの人です。猫毛といわれるのがこのタイプの人で、癖があったり1本1本の髪が切れやすいと感じられます。元々髪が染まりやすい人は色が入りやすいため、ワントーン明るめを選ぶとベターです。希望する色よりも黒くなりやすく、1トーン上げるがちょうど良いカラーとなります。
次に染まりにくいタイプの人の特徴ですが、猫毛とは正反対で髪が太い、黒い、硬い、パーマがかかりにくい髪の毛です。元々色素が入りにくい特徴を持っており、白髪染めを選ぶ際には希望のカラーで良いでしょう。ただし少し明るめに染めたい場合は色が入りにくいため、1トーン明るめのカラーを選ぶようにしてみて下さい。また、色が入りにくいと感じたら表示されている時間より少し長めにおいてみるのもコツとなります。

白髪染めで迷ったら

http://xn--5-icuz73s9imf46b.biz/・・・人それぞれの希望にあった今巷に出回っている白髪染めのまとめ